タグ:薔薇 ( 60 ) タグの人気記事
今年のフェンス
d0165723_21512373.jpg


今日もせっせと庭仕事。
昨日、植え替え用のポットとオベリスクが届いたのでさっそくフェンスに絡める薔薇を植え替えました。
今年のフェンスは、

・Rosa multiflora 2株
・Spanish Beauty
・Violette
・Fantin-Latour
・Paul's Himarayan Musk

の5種にしようと思います。
結局、去年の組み合わせからWilliam Morrisを引いて、野ばらを1株増やしただけですが・・・(^^;

今日も波乱がいっぱい
by ruki_fevrier | 2011-01-09 22:28 | | Trackback | Comments(4)
真冬の薔薇
d0165723_1814887.jpg


今日も午後は2時間ほど庭へ。
アーチのSombreuilとAdélaide d'Orléansの整枝をする。
Sombreuilはそれほど枝が細くなく、本数も少ないので簡単に終わりますが、問題はAdélaide d'Orléans・・・
「ランブラーって、ランブラーって、ランブラーってぇぇぇぇっ!」と毎年叫びながら作業してます。
ランブラーは数メートル伸び、しかも二股三股に分かれ、本数もめちゃくち多い。
地を這っている枝あり、隣の家まで行ってる枝もあり、その上細いので絡まるし。本当に厄介!
今日も細くて鋭い棘に何度も顔を引っ掻かれながら作業しました。

1本の枝がとてもとても長いので、目の前の枝が一体どこにつながっているのか、先はどうなっているのかを確認しながら切らないといけません。
古いと思って落とした枝の先には、昨年勢いよく伸びた新枝があって絶句すること数回。(^^;
ずっと上を見上げながらの作業はきついです。
でも作業をしている間は夢中なので、寒さも体のきつさも気にならないんですよね。
終わってからドッと疲れが出ますが・・・

Sombreuilはまだまだ蕾があり、アーチの上部で天に向かって咲いていました。
脚立に上らないと切れない場所で咲くので、花がらもいっぱい。
蕾がまだいくつもありましたが、誘引のために切りました。
普段は絶対蕾なんて飾れないけど、今日は頑張ったご褒美に。
真冬に薔薇を飾る贅沢。

 クリスマスにバラはいりません。五月に雪がいらないように。(シェイクスピア)

確かに。
でも真冬の薔薇が楽しめる日本で良かったと思う私。
冬に咲く薔薇は、どの季節の花よりも気高く美しいと思う。
こんな花が味わえて幸せ~。


あぁ、それにしても体が痛い・・・鋏の使い過ぎで腱鞘炎になりそうです。
整枝後、植え替えに着手しようと思ったら、希望のサイズの鉢が無く断念。
先ほどネットで注文しました。
植え替えと誘引は今度の3連休に持ち越しです。
by ruki_fevrier | 2011-01-03 17:55 | | Trackback | Comments(18)
庭仕事始め
d0165723_17422959.jpg


今年の抱負のひとつ、「庭ともっと向き合う」。
さっそく本日から薔薇の手入れを始めました。

まずはつる薔薇を誘引するために、整枝を。
フェンスやオベリスクから全ての枝を外し、古い枝や細い枝を落としていきます。
私、結構潔く切っていく方かもしれません。
うちのつる薔薇はほとんどが鉢植えなので、枝数を減らして栄養を集中させたいというのもあり、太くて勢いのある枝以外はほとんど落とします。
たまに残したい枝を切ってしまい、「あっ!!」と叫ぶこともありますが・・・
アーチのSombreuilとAdélaide d'Orléans以外は全て今日終わりました。
この2株は脚立を使わないと無理なので、今日は手をつけず。

次は誘引ですが・・・ここが悩みどころ。
今年はフェンスに何と何を合わせようかなぁ・・・
遅咲きでHimarayan Muskに合う濃い目の小花、何かないかなぁ・・・
今のところ、うちにあるのだとLavender Dreamくらいなのだけど。
春に咲く大苗買ってしまおうか、、、と思いながらネットショップを巡っています。
そんなことをあれこれ考える時間もまた楽しい。

画像はRosa multifloraのローズヒップ。
日が当たると赤い実がキラキラ光って宝石みたいです。
さ、明日も頑張ろう~~~♪
by ruki_fevrier | 2011-01-02 16:59 | | Trackback | Comments(2)
秋の薔薇 3
d0165723_2214017.jpg


今年もいよいよ残り10日ほどです。
「今年最後の・・・」が枕詞になる季節です。
先月咲いていた庭の薔薇姫たち。今年最後の薔薇のアップです。

庭の西側でひっそりと咲いていたLavender Dream (S)。
シュラブなので、春は株を覆うように花が咲くけど、秋はポツリポツリ。
でもそれはそれで風情があって、またよろし。


d0165723_227239.jpg


今年はホントによく咲いてくれたFrancis Dubreuil (T)。
コロンとした花形、深い紅、そして芳純なダマスク香。
私の最も好きな条件が3拍子揃った薔薇です。

この花、比較的最近(といっても3年前?)手に入れましたが、その時一緒にいた薔薇友の大先輩に「えっ、まだ持ってなかったの?」と言われました。
ですよねー。今ではこの花が無い庭は考えられません。

More
by ruki_fevrier | 2010-12-20 22:31 | | Trackback | Comments(4)
秋の薔薇 2
d0165723_1156154.jpg


イングリッシュローズのHeritage。
うちではいつも他の花より遅く咲きます。
今年の秋の一番花。
地面に着いてしまいそうなほどうなだれて咲いていたので、切って家の中で楽しむことに。

久しぶりに嗅ぐヘリテイジの香り。柑橘系の爽やかな香りです。
あ~、気分いい。


d0165723_1202869.jpg


かき集めたら、ポツポツ咲いていてもこのくらいにはなりました。(笑)
庭の薔薇を飾る幸せ、今年の秋も味わうことが出来ました♪

風邪っぴきでテレビ三昧
by ruki_fevrier | 2010-11-23 12:31 | | Trackback | Comments(6)
秋の薔薇 1
d0165723_21403566.jpg


ポツポツですが、薔薇が咲いています。

不調のため2月に植え替えたFrancis Dubreiul(T)。
復活して花が咲くようになりました。嬉しい!!
香りが最高です。ティ・ローズは四季咲き性が強いのでホントによく咲きます。


d0165723_2147034.jpg


夏の終わり、株元に怪しい木屑があったQueen Elizabeth(HT)。
でもさすが強健種。元気に花が咲いています。


d0165723_214915.jpg


チャイナのZi Yan Fe Wu(紫燕飛舞)。
艶やかな花を細身の枝先に咲かせます。
これも香りがよい花です。デュブロイとはまた違った柑橘系の爽やかな香りです。


このほか、Evelyn、Rosemary、Sombreuil等が咲いています。
でもタイミングが悪くて写真が撮れず。
秋薔薇2、アップ出来るかなぁ。
by ruki_fevrier | 2010-11-13 21:59 | | Trackback | Comments(4)
燕の涙
d0165723_23312624.jpg


雨にぬれた紫燕。
まるで泣いているみたい。
可愛いあの子も今頃泣いているのでしょうか。
一昨日もらったメールのことを、ふと思い出す。


d0165723_23375953.jpg


10月、いつもなら秋の薔薇が楽しめる頃。でも今年は、、、アカーン。
猛暑にかまけて剪定時期を逃し、お陰であまり咲きそうにありません。(涙)


一緒に絡めたMme. Hardyはカミキリムシにやられてしまいましたが、こちらは元気。
この鮮やかなブルーは秋の愁いのある日差しによく映える。


週末、天気がいいといいなぁ。
秋の夕暮れ時、全てが金色に染まる一瞬を久しぶりに感じたい。

ふう・・・今週はちょっと色々と落ち着かない。
by ruki_fevrier | 2010-10-19 23:44 | | Trackback | Comments(0)
今年の薔薇3
d0165723_2175040.jpg


もう梅雨も明けて夏真っ盛りな日々ですが、しつこく今年の薔薇をアップします。
でも今日が最終回。

10年以上育ててきた中で、一番綺麗~と思う花が今年見れたMargret Merril。
こういうのが咲くと、あぁ育てて良かった~~~と心底思います。
フリルが美しい白薔薇です。


d0165723_21122447.jpg


今年もコロンコロンに咲いた La Reine Victoria。
元気なのに新しいシュートが出てこない・・・
これは結構肥料食いなのかしら?


d0165723_21143974.jpg


鉢薔薇コーナーの最盛期。
今年もいっぱい咲き乱れてくれました~♪
あはは、カラフル過ぎかしら?

スペースが限られているためカラースキームの優先順位は低く、樹形と株の元気度を優先して鉢を置いているのでなかなかシックな組み合わせになりません。
ま、来年の課題、課題。


d0165723_21163750.jpg


Adelaide d'Orleansの最盛期。
誘引はあまりちゃんとできず、枝を間引くことくらいしかしなかったら、こんな風に風情良く枝垂れて咲きました。
毎度思うけど、あまり手をかけない方がかえっていいのかも!?←単なる言い訳。

室内の薔薇
by ruki_fevrier | 2010-07-18 21:26 | | Trackback | Comments(14)
今年の薔薇2
d0165723_21525423.jpg


あっという間に7月です。
2010年、もう折り返して早3日・・・はぁ、早いですね~
薔薇の季節は遥か昔になりましたが、記録としてアップします。

今年の薔薇、冬に全然手入れが出来なかったにも関わらず見事に咲いてくれました。
写真はあまり撮ってないのですが、私を励ますように咲いてくれた薔薇姫たちの姿はしっかり記憶に残っています。

始まりは、やはりこの花から。
大好き、と何度も言っている、Baron Girod de l'Ain。
今年もたくさん咲いてくれました。


d0165723_2211337.jpg


花弁の白い覆輪は何度見ても不思議。
自然の作り出す美しさにはただただ驚嘆するだけです。


d0165723_2254718.jpg


一緒に咲いているデュランディー。
この、なんとも表現しがたい色はMme. HardyともCamajeuxともBaronとも合う。
なのでこの3株のそばに置いて、それぞれの花と絡み合うのを楽しんでいます。

More
by ruki_fevrier | 2010-07-03 22:05 | | Trackback | Comments(2)
今年の薔薇1
d0165723_22403270.jpg


イタリアの予選敗退と共に私のW杯は終わりました・・・しょぼーん。

南アフリカを去りゆく国を思いながら、今年の薔薇の画像から2つの花を選びました。

試合そのものではなく、ピッチ外のことが敗因で敗退してしまったフランス。
前回大会の準優勝国なのに予選敗退です。
エコノミークラスで帰国したという選手たち。ま、そりゃしょーがないよね。
しかし、あんなぶっとい太ももの人たちがエコノミーって、さぞキツイことでしょう。

まるで泣いているようなフランスの薔薇 Camajeux(カマユー)。
フランス人も泣いてるかな?いや、きっと怒ってるよね・・・


d0165723_22545534.jpg


そしてもうひとつ、36年ぶりに予選敗退した国 イタリア。
前回の優勝国なのに。はぁぁぁ。

そのイタリアの薔薇 Variegta di Bolonga(ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ)。
華やかなのに白の分量が多いせいか清楚な雰囲気の薔薇です。
私が愛してやまない薔薇。
私が愛してやまないカルチョの国。

昨晩のことは悪夢と思いたい・・・
by ruki_fevrier | 2010-06-26 01:14 | | Trackback | Comments(2)