タグ:art ( 124 ) タグの人気記事
杉本博司 ロスト・ヒューマン@東京都写真美術館
d0165723_00252678.jpg




庭美の後、閉館時間に間に合いそうだったので歩いて東京都写真美術館へ。
杉本博司 ロスト・ヒューマン」展、随分前に知って気になっていました。
だがしかーし、あっという間に会期終了まで残り2日…
無理かなぁと思っていたけど、庭美から意外に近かったのでなんとか滑り込みました。
美術館に入る前に見た夕暮れ。綺麗でした~




d0165723_00252732.jpg



「杉本博司 ロスト・ヒューマン」
リニューアルオープンと開館20周年を記念して開催された展覧会です。
「人類と文明の終焉」がテーマ。
三部構成で、第一部は「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」。
「理想主義者」「政治家」など、33の視点から見た人類終焉の物語が、
「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」で始まるテキストと
古物や化石などの歴史的遺物で表現されています。

中には「国土交通省都市計画担当官」や「バービーちゃん」なんていうのもある。
前者のストーリーでは、「人口減少によって近代都市の象徴である高層ビルや高速道路網などの
維持管理が不可能になり、それらは劣化し崩落し始め、近代遺跡になってしまった。
そして、かつて古代ローマの遺跡の上に中世の人々が暮らしたように、
それら近代遺跡の上に人々が暮らしている」という未来が語られている。
高速道路のトンネルでの天井落下事故などを思い浮かべ、さもありなん、と思ってしまった。

こんな感じで、そんな未来が待っているかもしれないと思わせる33の終焉ストーリーが展開する。
面白かったけど、さすがに最後は気分が欝々としました。(笑)




d0165723_00253663.jpg



第二部は《廃墟劇場》。
アメリカの廃墟となったシアターを巡り、スクリーンを張り直して映画を投影。
映画一本分の光量の長時間露光で撮影した作品。

素晴らしかったです!

シアターそれぞれのストーリーは一切示されていないが、
豪華な室内装飾の残骸を見てかつての栄華を感じ、
そこに集った人々の息遣いを感じ、
そして朽ちていく現在の姿にそれまでに積みあがった時間を感じる。
なんとも雄弁な写真群だった。

↑これはKenoshaというウィスコンシン州の町にあるシアター。
スクリーンサイドの透かし彫りのような装飾が美しくて、いつまでも見入ってしまった。
このシアターが一番美しくて好き。




d0165723_00252746.jpg



これはデトロイトのシアター。
これも豪華だよなぁ…
当時の人たちがこのシアターで何を見たのかしらないけれど、
豪華な劇場で、何かに熱狂し、この世の春と思ったことだろう。

第三部は《仏の海》という三十三間堂の千手観音の画像と一基の仏塔が並ぶインスタレーション。
この世の終わりを見た後に現れる千手観音。
未来は絶望しか待ってないんじゃないか、という気分が少し救われました。
やっぱり仏像って癒される・・・


d0165723_00253699.jpg



駆け足で回った展覧会だったけど、すごく集中して見たので長い時間いたような気分。
もっと早く行けばよかったなぁ・・・
空いている時に、じっくり見たかった。
まぁ、でも、見れただけよかった。
私にしては珍しく現代アートを梯子。
しかも両方とも死や喪失を感じさせる展覧会だった。
特に考えずに梯子したのだけど、見えない手に導かれていた気分。ふふ。








More
by ruki_fevrier | 2016-11-16 23:58 | | Trackback | Comments(0)
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち@東京都庭園美術館
d0165723_00062209.jpg



先週土曜日、友達に誘われて東京都庭園美術館で開催の「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち」展に行ってきました。

大好きな旧朝香宮邸、久々~~~!!
小春日和で気持ち良い中、お散歩気分で行ってきました。



d0165723_00062398.jpg



だがしかし、ボルタンスキー!?という私。(^^;
現代アートは本当に苦手なのです。
友達は画集を持っているほど好きらしい。
そ、そうなんだ…

一階は音声によるインスタレーション《さざめく亡霊たち》。
最初は突然人の話し声が聞こえてびっくりしました。
2階では代表作《影の劇場》や《心臓音》。
前者はあまりに直接的な表現でかなりドキッとした。
後者は豊島でのインスタレーションで、心臓の鼓動と呼応し赤い照明がフラッシュする。

新館の《眼差し》では何十枚もの目元をプリントされた薄布を巡る。
そして《アニミタス》と《ささやきの森》では、
チリの砂漠と豊島の森に設置された風鈴の音色が、その映像と共に流れる。
スクリーンの前に置かれた草の香りで、まるで草原にいるように嗅覚が刺激されます。
最後の風鈴のインスタレーションが好き。
チリの風鈴は、そのまま風化するよう置かれているらしい。
砂漠を渡る風に吹かれて誰にも聴かれずに朽ちてゆく何百という風鈴。
この地上のどこかにそんな場所があるのだなぁと思いながら映像を眺めました。

アニミタスとは「小さな魂」という意味だそうです。
ボルタンスキーは「チリの人にとってアニミタスとは死者に対する思い出である」
とインタビューで言っています。↓
どれも死やあの世、彼岸を感じさせる作品で、
ホロコーストという歴史的トラウマを持つ彼の背景を知ってなるほどと思いました。
まあ、なかなか理解するのは難しい作品なのですが、とりあえず彼の世界観を感じことは出来たかな。











More
by ruki_fevrier | 2016-11-14 23:58 | | Trackback | Comments(0)
スティグ・リンドベリ展@西武ギャラリー
d0165723_23175140.jpg



池袋西武で開催中のスティグ・リンドベリ展に行ってきました。
Fukuyaさんに招待券をいただいたのです♪
本日最終日でした。滑り込み~~~。
それにしても、会期11日は短すぎる…



d0165723_23175246.jpg



絵付けする若き日のリンドベリ。



d0165723_23175116.jpg



西武の包装紙の原画。

リンドベリは1959年に西武の包装紙をデザインしたのだそう。
1959年!!びっくり。
そんな昔に…

修正をした部分がはっきりわかる原画。
リンドベリのペン運びを感じられます。


d0165723_23180355.jpg



これが出来上がった包装紙。
赤い色が可愛い。

しかし1959年にこの包装紙を作ってたなんて、
西武百貨店、攻めてたのね。








More
by ruki_fevrier | 2016-10-30 23:59 | | Trackback | Comments(0)
ロンドン旅行記:Natural History Museum
d0165723_23483773.jpg


2015.6.26.

最終日の朝、ロンドンらしいどんよりした空。
でもこの後晴れてきます。



d0165723_23483787.jpg




朝ごはんは、前日にかおちゃんが買ってきてくれたBeigel Bakeのベーグルで。
かおちゃんがダース買いしてくれたので、ひとつひとつラップに包んでスーツケースに押し込みました。
あ~、画像見てたらまた食べたくなってきた!




d0165723_23483767.jpg




なんとかまとまった荷物w
ソフトスーツケースのパンパン具合が笑えます。






More
by ruki_fevrier | 2016-10-18 00:20 | | Trackback | Comments(4)
ロンドン旅行記:Tate Britain
d0165723_17412132.jpg



2015.6.25

いよいよ残り2日。
と言っても2015年のだけども!(汗)

前の晩、帰りが遅くてスーパーに行けなかったので、朝ごはんはコンビニで買ったワッフル。
お値段、0.79£。
有人のカウンターが混んでいたので、セルフキャッシャーで払おうとしたらカードオンリー。
日本人的感覚では「えーっ」という感じですが、しょうがなくカードで支払いました。
しかも、PINコード付きじゃないと受け付けない機械ということが分からず困っていたら、
後ろに並んでいるおじさんたちがこぞって教えてくれたという思い出付き。



d0165723_17412182.jpg



ワッフルはこのように温めます。
Daylesfordのお姉さんがやっていたのを真似て。
これを見た時、「おおー」と思いました。
私にはこういうトースターの使い方は思いつかない!(^^;








More
by ruki_fevrier | 2016-09-22 23:51 | | Trackback | Comments(4)
キリスト教美術をたのしむ17 旧約編「旧約聖書の女性たち」
d0165723_22480819.jpg



8月の最後の金曜日、定時を少し早めに上がり、金沢百枝先生の「キリスト教美術をたのしむ」
という講座を受けに行きました。
場所は池袋の自由学園明日館。
フランク・ロイド・ライトの設計です。
一度見たいと思っていた建築物なので嬉しい。



d0165723_22480883.jpg



この講座、既に17回目。
気になりつつも参加できずにいましたが、この日が旧約編最後の回と知って、
直前に予約して参加しました。

旧約編の〆であるこの日は、聖書に出てくる女性たちをピックアップ。

ルツ
ユディト
エステル
スザンナ
の4人。

それぞれ、
ルツ記
ユディト記
エステル記
ダニエル記
に書かれています。

ただし、プロテスタントではユディトとスザンナは正典とは認められていないらしい。






More
by ruki_fevrier | 2016-09-10 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ロンドン旅行記:大英博物館 その2
d0165723_23122729.jpg


8ヶ月ぶりに旅行記再開(汗)

2015.6.23.

ロンドン5日目の朝。
Beigel Bakeのポピーシードのパンで朝ごはん。
このパン、ちょーーー美味しかった!



d0165723_23122718.jpg



この日はまずHolbornのSir John Soane's Museumへ。
5,6年前に何かの本で知って以来、ずっと行きたかったミュージアムです。

18世紀に活躍した建築家ジョン・ソーン卿の自宅が彼のエキセントリックなコレクションとともに
美術館になっているというもの。
しかも展示は彼の生きていた当時のまま。

が、これがただの個人ミュージアムじゃない!



d0165723_23122709.jpg



こんな感じにコレクションが天井から床までびっしりなのです!
(中は撮影禁止なのでWikiから写真を拝借。)

古代ギリシャ、古代エジプト、古代ローマの遺物や、16世紀から18世紀の絵画等、
彼が尋常ならざる情熱で集めた品々が所狭しとスペースを埋めるように並べられています。
圧巻です。
こんだけ買ったのね、というのと、こんだけよく並べたねという驚きで口あんぐり。

すごいのはセティ1世の石棺。
一番下のフロアに鎮座しています。
有名なアビドスの王名表が彫られた葬祭殿の主、セティ1世。
そんな超有名な古代エジプトの王の石棺が、国の博物館では無く個人美術館にあるなんて…
あんびりーばぼー!
それ以外も見る人が見たら「おお!」と思う逸品がこの中にあるんでしょうね・・・

ソーン卿が改築して迷路のようなアパートメント。
ポンペイの赤で彩られた部屋も素敵でしたが、Study&Dressing Roomと名付けられた
1階の小さな作業場のようなコーナーが一番気に入りました。
Monument Courtという中庭のようなスペースに面してデスクが置かれていました。
ソーン卿はここで天窓からの明かりの中、図面を引いたのかなぁとしばし妄想。

彼はイタリアの画家で建築家でもあるピラネージと面識があり、
彼の版画作品も多くコレクションしているそうです。
私もピラネージが好きで彼の画集を持っているのですが、なんとなーくこの二人は似た者同士な気がします。
エキセントリックの方向性が似ている感じ…w

入場は無料ですが、一度に入る人数を規制しているため、
混んでいる時は少し待つことがあります。







More
by ruki_fevrier | 2016-07-07 22:09 | | Trackback | Comments(2)
根津美の庭 20160427
d0165723_00344593.jpg



前回行ってから一ヶ月。
光琳の燕子花図屏風の公開と共に、お庭のカキツバタも咲き始めました。
そして昨日既に八分咲き。一番綺麗な時だと思います。



d0165723_00524974.jpg



d0165723_00344524.jpg



藤棚の藤も満開。
ここに立つと、あま~い香りに包まれます。
でも蜂も寄ってくるので、ちょっと注意が必要です。

カキツバタの濃い紫と、藤の淡い紫。
自然の色は本当に美しい。




More
by ruki_fevrier | 2016-04-27 23:34 | | Trackback | Comments(0)
宮川香山@サントリー美術館
d0165723_21263937.jpg



年度初めの大量の作業による眼精疲労と、インターナショナル・ディレクターの送別会
(ロンドンに帰国するため)による疲労で、金曜日の私の眼の下にはでっかいクマが二匹。
同僚のMちゃんにも「ヒグマくらいでかいよ」と言われるほど目立ってました。
自分でも朝、鏡を見てびっくりしたほど。
それでも「これは行かねばーーー!」と、またもや会期終了間際に駆け込んだ宮川香山展@サントリー美術館 。



d0165723_21263974.jpg




高浮彫という技工を開発した香山。
あまりのデコラティブっぷりに、これって壺なのか彫刻メインなのかと思うものばかり。
↑これってもはや壺じゃないよね…(笑)





More
by ruki_fevrier | 2016-04-16 22:43 | | Trackback | Comments(0)
根津美の庭 20160330
d0165723_20460148.jpg



半月前の根津美術館の庭。
桜が咲き始めた頃なので、まだ少し緑が少ない。



d0165723_20460953.jpg




燕子花の水辺もまだこの状態。
あと半月もすれば美しい紫色で染まります。
あ~楽しみ!












More
by ruki_fevrier | 2016-04-16 21:16 | | Trackback | Comments(0)