白い曼珠沙華
白い曼珠沙華_d0165723_00452350.jpg


赤より半月遅れで白い曼珠沙華が咲きました。
本当はもっと咲いてほしいけど、日当たりが悪いせいかいつも2輪しか咲かない…

4連休もこの週末も、お天気イマイチで庭仕事は全然出来ず。
やっと今日、HCで球根を少し買ってきました。
でもパンジーやビオラはほしいものは無かったなぁ。
通販しようかな。

今週は少し天気がいいようなので庭仕事出来るかな。
あ、でも土曜日はお稽古だった…



白い曼珠沙華_d0165723_00453298.jpg



4連休はのんびりと家で過ごしました。
前半はお天気悪かったので出かける気分にならず、
後半は人出が多いと聞いて益々出る気にならず…

久々にハラ―を焼きました。
四つ編み、少しは上達したと思う。
次の課題は編み終わりだ!








More
# by ruki_fevrier | 2020-09-27 23:44 | | Trackback | Comments(1)
曼珠沙華
曼珠沙華_d0165723_21050153.jpg



一昨日は、まだ夏なの!?とインスタに呟いてしまったくらい暑かったのですが、
昨日今日は雨が降って涼しい~夕方は肌寒いくらいです。
夏剪定、やっておいて良かった・・・と心底思います。
一昨年くらいから、まだ暑いからとのんびり夏剪定をしないでいると、
急に涼しくなって後悔するのです。




曼珠沙華_d0165723_21075243.jpg



そして涼しくなるとあっという間に咲く曼珠沙華。
先週は地面に何も生えてなかったのに、もうこんなに咲いている。
自然って本当にすごい。

土曜日はお天気が悪かったので、洗濯も庭仕事もできないので
朝からのんびりするぞ~と家事は何もしないことに。

で、何をしていたかというと・・・







More
タグ:
# by ruki_fevrier | 2020-09-13 21:22 | | Trackback | Comments(0)
夏剪定
夏剪定_d0165723_00300744.jpg


画像は昨日、仕事を終えてベランダに出たらこんな空だった。
なかなか激しい雲が湧きたっていて、当然その後は豪雨に。

週末は雨だと思っていたら、意外にもお天気が良く、
それなら夏剪定をせねば!と家事を放り出して庭へ。
炎天下、草を取り、枝を整え、堆肥を撒き、肥料を乗せる。
あっという間に4時間半経ってました~
途中休憩を挟んだけれど、終わるころには軽く熱中症。
うっかり帽子を被らずに作業したため、きっとシミも増えているはず(涙)

でもとりあえずこれで後は花が咲くのを待つだけだ!
今週一気に朝晩の気温が下がって新芽が動き出していた。
今まで夏バテでぴたりと動きが無かったのに、植物ってすごい。
でも、アルンウィックと花霞、ラベンダードリームはダメかもしれない。
特に花霞。うーん、一時は良さそうだったのになぁ。






More
タグ:
# by ruki_fevrier | 2020-09-05 23:54 | | Trackback | Comments(0)
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展@国立西洋美術館
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展@国立西洋美術館_d0165723_23271033.jpg


コロナで開催が見合わせになっていたロンドン・ナショナル・ギャラリー展。
法隆寺展のように中止なのでは、と心配していましたが、会期を変更して開催。
嬉しかった~!!


ロンドン・ナショナル・ギャラリー展@国立西洋美術館_d0165723_23271028.jpg



来日している絵はほとんど見たことのある絵ばかりでしたが、
実はゴッホのひまわりはちゃんと見たことがありませんでした。
なぜなら、印象派の部屋はいつも大人気=激混み。
一番人気のゴッホの周りはいつも人だかりだし、記念写真を撮ってる人もいるし、
で近寄れない(笑)

今回は予約制ということもあり、少し待てば間近でじっくり見ることが出来ました。
もーーー、素晴らしかった!!
これは一番人気になるわけだ。
熱い思いをぶつけるように描いているように見えて、
冷静に構成を考えて描かれている。
画面を区切るブルーのラインには悶絶です。
は~、ゴッホってホント天才。








More
タグ:
# by ruki_fevrier | 2020-08-31 23:57 | | Trackback | Comments(6)
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる_d0165723_23454724.jpg


先週は久々美術と向き合えました。
どうしても平日に行きたい展覧会があり、26日に有休取得。
予約制の展覧会は朝一が取れなかったので、先に予約不要の方へ。

オラファー・エリアソン
ときに川は橋となる
東京都現代美術館

3年前、初めて行ったテート・モダンで一番記憶に残っているのが
オラファ―のインスタレーションでした。
でも、オラファ―自身についてはあまりよく知らなかったので、
今回の個展はとても興味がありました。


オラファー・エリアソン ときに川は橋となる_d0165723_23453470.jpg


Who is afraid
(2004)

テートで見たものの発展形のような作品。
オラファ―の色彩理論の探究から生まれた作品だそうで、
色のついた丸いガラス板が光に照らされるにつれて
色が変化していく。
楽しくていつまでも見ていたくなる作品。



オラファー・エリアソン ときに川は橋となる_d0165723_23453489.jpg


The exploration of the centre of the sun
(2017)

このガラスの多面体の光はソーラーエネルギーで生み出されているそうです。
とにかく綺麗でした。
みんな一番写真を撮っていたんじゃないかな。
子供たちも大喜びでした。








More
タグ:
# by ruki_fevrier | 2020-08-30 23:45 | | Trackback | Comments(0)