奈良旅2018:東大寺 大仏殿

d0165723_23015785.jpg



念願のお水取りを見て爆睡した翌朝、のんびり起きて準備して、
まずは東大寺の大仏殿を目指しました。
たぶん、10年ぶり?


d0165723_23013804.jpg


昨晩も通った南大門。
創建時の門は平安時代に倒壊してしまい鎌倉時代に再建され、山門としては国内最大だそう。


d0165723_23013887.jpg


再建時に安置された運慶の仁王像。こちらは阿形像。


d0165723_23013829.jpg


右は吽形像。
筋骨隆々、8mもある仁王像。
何度見ても、すごいな~と見上げてしまう。
これ、全て手で彫ったんだよね。









d0165723_23013882.jpg


門をくぐると中門が見えてくる。
そしてその屋根越しに大仏殿の屋根が見える。


d0165723_23013915.jpg



d0165723_23013826.jpg


d0165723_23015640.jpg



d0165723_23015641.jpg


大仏殿の前にある金銅八角燈籠。
国宝です。
奈良時代に作られたものなので、南大門よりも、大仏殿よりも古い!
1200年、ここにあるってすごい…


d0165723_23064595.jpg


大仏様、正面から。
15m、重さ250トンだそうです。
仁王像の約2倍…すごいわ…

大仏様の右手は「施無畏印(せむいいん)」と言い、あなたに悪いことをしませんよ、という意味、
左手は「与願印(よがんいん)」で、あなたの言うことを聞きますよ、という意味だそうです。
毘盧遮那仏は万物を照らす存在だそうで、光背のキラキラしさを見ると
なるほどなぁと納得。
立体曼陀羅よね、これ。



d0165723_23015796.jpg



大仏殿天井。
この升目ひとつが四畳半だそうです。
どんだけ~


d0165723_23015770.jpg


脇侍の広目天。



d0165723_23015685.jpg


こちらは多聞天。
両方とも江戸時代に作られたらしい。
体形がずんぐりしてて可愛い。


d0165723_23021661.jpg



今回、東大寺でご朱印帳を新調しました。
袋もあったので、お揃いで購入。


d0165723_23021621.jpg



左が今回いただいたご朱印。
右は昭和62年に頂いたもの。
同じ「華厳」という字でも、全然印象が違う。
今回は女性の方に書いていただいたのですが、とっても優美な字にうっとり。
字が美しく書けるって本当に羨ましい。

久々の大仏殿を堪能しました。
つづく。






by ruki_fevrier | 2018-03-17 23:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rukidays.exblog.jp/tb/26571811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今年のキルフェボン 奈良旅2018:修二会のお松明 >>