奈良旅2018:東大寺 戒壇院・二月堂・三月堂
d0165723_21204973.jpg


大仏殿のあと、愛しい人に会いに戒壇院へ。
いつ行ってもほとんど人のいない戒壇院です。



d0165723_21204988.jpg


この日も、私以外はカップル一組だけ。
いつもすごく静かで、大仏殿の喧騒とは無縁の場所。

ここの四天王が大好きで、子供頃から通っています。
昔は壇の上に登れて、四天王と対峙することが出来ました。
今思えば、なんて無防備な、と思いますが、あの頃も訪れる人はほとんどいなくて、
静かな堂内でのんびり四天王が眺められる、今思えばいい時代でした。
でも悪戯する人がいたらしく、壇の上には上がれなくなりました。

このことを残念だなぁと思っていたのですが、先日、橋本麻里さんの国宝講座でこの四天王の話になり、
「塑像は一度崩壊が始まると砂になるまで止まらない、だからどこの展覧会にも出展が許可されない。ここでしか見れないのです」
と伺い、そうなのかー!それは我慢して壇の下から見るしかないわ!と納得しました。



d0165723_21212238.jpg


右が前回いただいたご朱印、左が今回のもの。
奈良時代に作られた塑像の傑作である四天王立像、運慶の筋骨隆々な像とは違い、
今で言うところの細マッチョ。
眉間にしわを寄せ、遠くを鋭くにらみつける広目天が子供頃から大好きで、
彼会いたさに奈良に通ってます(笑)

四天王は本物ですが、真ん中の多宝塔の中に安置されていた「銅造・釈迦如来坐像」「銅造・多宝如来坐像」
は、現在は東大寺ミュージアムに移されて、法要の時だけ戒壇院に移されるのだそうです。
なので、御朱印も四天王に変わったのかな、と。









d0165723_21204982.jpg



次は裏参道を通って二月堂へ。
この階段を上りながら二月堂を見上げる眺めが大好き。



d0165723_21204926.jpg


お水取りの準備でしょうか。



d0165723_21205087.jpg



おお!お松明!



d0165723_21204940.jpg



d0165723_21210137.jpg


これは、もしや、花粉!?


d0165723_21210174.jpg



この階段をあの松明を持って上がるのかぁ。すごい。



d0165723_21210162.jpg

d0165723_21210151.jpg


d0165723_21210111.jpg


大仏殿の屋根が見えます。
二月堂からの眺めが好き。


d0165723_21210165.jpg


d0165723_21211363.jpg


d0165723_21211328.jpg


d0165723_21211385.jpg


これがお水取りの時にお水を汲む井戸がある閼伽井屋。


d0165723_21211317.jpg


近くに終わったお松明が置いてありました。


d0165723_21211228.jpg


二月堂の次は三月堂(法華堂)へ。


d0165723_21212264.jpg


以前行った時はたしか修理中で中に入れませんでした。
5年前に修理が終わり拝観が再開されましたが、私の好きな日光菩薩と月光菩薩は
東大寺ミュージアムに行ってしまっていました。
この薄暗いお堂の中で見るのが好きだったんだけど…残念。
でも日光月光も塑像なのでしょうがないか。
受付のお坊さんズから「東大寺ミュージアムに見に行ってね」
と見送られ三月堂をあとにしました。

つづく。







by ruki_fevrier | 2018-03-25 23:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rukidays.exblog.jp/tb/26605805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< タリア 今年のキルフェボン >>