イギリス菓子教室も3年目突入~
d0165723_21161534.jpg



なんだかお稽古記事しかアップしていませんが…
まぁ、しょうがない。

イギリス菓子教室に通い始めて3年目に突入しました。
初めてレッスンを受けに行った日、あまりの遠さに「これは今回限りだわ」と
思ったのですが、レッスン受けたら「次も!!」とすっかりまりこ先生マジックにハマりました。

9月は毎年スコーンレッスン。
今回はプレーンスコーン、ヴィクトリアスコーン、チーズ&オリーブスコーンの3種類。



d0165723_21161533.jpg


まずはヴィクトリアスコーンから。
円盤状に成形して、手で割れるよう切り込みを入れます。


d0165723_21163516.jpg


Be-Roという粉メーカーがセルフレイジングフラワーの販促のために
作ったレシピ本に載っているものなのだとか。
見た目、ファットラスカルに似ているけれど、スパイスが入ってないので味は全然違います。
ドレンチェリーが可愛い~
そうそう、イギリス菓子を習うようになって、ドレンチェリーの可愛さを再発見。










d0165723_21161663.jpg



次にチーズ&オリーブスコーンを作成。
トレイベイクだからとっても簡単!
こちらも切れ目を入れて後で手で割れるようにします。



d0165723_21161586.jpg



最後にプレーン。
気付くと3品作っているまりこマジック!

いや、ほんと、おしゃべりしながら手を動かしていると出来てる、みたいな感じ。
写真を撮る時間すらない。



d0165723_21162748.jpg



なんとか撮った1枚。
この美しいスコーン生地!!
美味しくないはずがない!



d0165723_21162779.jpg



窓際のテーブルには茶器がスタンバイ。



d0165723_21162708.jpg



今日はみんな違う柄のカップです。



d0165723_21163536.jpg



レッスンが終わるころにはお腹ペコペコ。
チーズ&オリーブスコーンにかぶりつき、「美味しい~!」と悶絶。
どれも本当に美味しかった♪



d0165723_21163568.jpg



翌日の朝ごはんは当然持ち帰ったスコーンで。
器は相変わらず北欧ものなのだけど、朝からアフタヌーンティー気分で。


3回目のスコーンレッスン、私、少しは上達したかしら…













by ruki_fevrier | 2018-10-14 21:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rukidays.exblog.jp/tb/27164709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久々に庭仕事 9月は紫陽花のリース >>