カテゴリ:旅( 137 )
中・四国出張記録 うどん県編 その2
d0165723_18221010.jpg



土曜は大学時代からの親友みーちゃんの家に泊めてもらいました。
最後に来たのはいつだっけ?娘のりんがまだ幼稚園の頃だから、もう6年以上前になります。
あの時は、海辺の広場でりんが飽きるまで鬼ごっこに付き合ったのでした・・・
さすがに5年生なので、もう鬼ごっこはしません。ホッ。

お夕飯は、ダンナくーちゃんが前日に愛媛まで釣に行って釣ってきてくれた太刀魚。
くーちゃんいわく、「こんなに大きいのは滅多に取れない」というサイズの太刀魚が釣れたそうで、太刀魚フルコースでした!

まずはサラダ仕立てのお刺身~。
下に薄切り玉ねぎが敷いてあって、それと一緒にポン酢で食べます。うまーい!!


d0165723_1828490.jpg



これは塩焼き~♪
この分厚さ!!関東じゃ、薄っぺらい太刀魚しか買えないもんね~。
めちゃ美味しい。


d0165723_18285439.jpg



そしてなんと言っても、この「炙り」が一番美味しかった!!
太刀魚の表面を軽くバーナーで焼くだけなんだけど、これがものすごーくものすごーく美味しかったのです!!
甘めのお醤油でいただきます。
あぁ、今思い出してもよだれが・・・
お刺身にするくらいの太刀魚、こっちじゃなかなか手に入らないけど、もし手に入ったら絶対炙るぞ!

この他、あおりイカのお刺身やサラダがあって、ホントは太刀魚のしゃぶしゃぶもする予定だったんだけど、お腹いっぱいで翌日に食べることにしました。
大好物の太刀魚、ホントに幸せ~。


d0165723_18321747.jpg



お酒は梅酒→まっこり→〆はこの栗の焼酎「ダバダ火振」。
って言っても、やっぱり私は焼酎は苦手かも。(^^;
少し飲んで、残りはくーちゃんが飲んでくれました。

美味しい食事とお酒で久しぶりに酔っ払って、リビングのホットカーペットでうたた寝・・・
自分の家のように寛ぐ私。あはは。

朝ごはんはもちろんうどーん!
by ruki_fevrier | 2012-02-12 20:14 | | Trackback | Comments(0)
中・四国出張記録 うどん県編 その1
d0165723_20175370.jpg



先日、「うどんの国」と書きましたが、正しくは「うどん県」と言うのだそうです。

 うどん県、それだけじゃない香川県

副知事は要潤。知らなかった~。
だから空港のターンテーブルでもうどんがお出迎えなわけです。
そして、2階にはなんとうどんの出汁が出る蛇口。なぜ!?
いや、美味しいからいいんですけど、でもなぜ蛇口から出汁!?

月曜の朝、香川県で仕事のため、日曜入りになった今回の出張。
「日曜に行くくらいなら、土曜から行って遊んでこよう!」と土曜の午前中のフライトで出発しました。
人生、何度目かのうどん県への旅。
今回は素敵なマダムが案内してくださいました!
一昨年の12月、銀座でのリース教室でご一緒してからブログを通じてお付き合いさせていただいているマダムてぶくろ
愛車で空港まで迎えに来ていただき、ホント恐縮です。


d0165723_2029398.jpg



着いてすぐに2階のショップでお買い物。
帰りは岡山空港から飛ぶので、もうここには来れないから~。
で、マダムもよく使うと仰るオリーブオイルとペーストを購入。
オリーブサイダーは愛嬌で。
これ、1口飲んで「???オリーブ???」。でもしばらくして「あぁ、オリーブ」と思う味です。(分かりづらいですよね・・・要はほんのりオリーブ味。)

まずはうどん!
by ruki_fevrier | 2012-02-11 21:27 | | Trackback | Comments(4)
怒涛の名古屋旅
d0165723_221047.jpg


月曜から今日まで仕事がバタバタで、アップできなかった先週末の名古屋旅。
仕事帰りの1泊2日だし、結婚式がメインでしたから観光は一切無し。
ノリタケの森、行きたかったんだけどな~。
2日間の名古屋で食べたものの記録です。


d0165723_2251661.jpg


名古屋出身の同僚みっちゃん。
彼から名古屋名物を色々聞きだし、同僚のコウといざ名古屋へ!

ホテルに荷物を置いて、すぐにひつまぶしを食べに出かけました。
みっちゃんおススメは、錦3丁目の「いば昇」。
栄駅で降り、1番出口から地上に出てたらば・・・いかにもホストです!みたいな人がいっぱい。
一体ここは・・・?と思いつつ、大通りを左に入ると、今度は風俗店っぽいのが並んでる・・・
向かいから歩いてくるおっちゃん3人組は、絶対にあちらの世界の方だし。
まるでプチ歌舞伎町。
コウが一緒に来てくれて、本当に良かったと思いました。女ひとりはちょっと怖いかも。


d0165723_22161923.jpg


そんなキラキラ光るお店ばかりの中に、「いば昇」が渋くたたずんでいます。
お店は奥行きがあって、私たちが通された席からは中庭も見えました。

そして念願のひつまぶし!↑これは2人前です。
まずはそのまま。
もー、一口食べて、あまりの美味しさにもだえました!!
鰻が香ばしい~~~。

次に薬味を乗せて。
結構味付けが濃いので、ネギとの相性が抜群。これなら何杯でもイケるわ。

最後はお煎茶を注いで、お茶漬けさらさら~♪
あっという間に完食しました。あぁ、食べれて良かった・・・


d0165723_22245263.jpg


次に小倉トーストを目指して某喫茶店へ。
が、しかし、行ったら閉まってた。18時半閉店なんて、早過ぎるよー。

で、しょうがなく2年前に行ったことのある「カフェ ヴァンサンヌ ドゥ」へ。
ここに美味しい「小倉もちトースト」があったのよね~と行ったのですが、メニューから消えてました!(涙)
あまり出なかったから止めちゃったんですって・・・美味しかったのになぁ。

代わりにキャビネットプリンを注文。
これが甘すぎず、美味しかった~。モンブランも美味しそうだったなぁ。
珈琲もすごく美味しいです。

ここでコウと新郎タケを待つ。
結婚式前夜に呼び出すのもどうかと思ったけど、やっぱりお祝いしたいもんね。


d0165723_22322441.jpg


埼玉から名古屋に転勤になったタケ。
赴任して3年目のはずなんだけど、まだ行ったことが無いというので「世界の山ちゃん」へ。


d0165723_2234188.jpg


でも私はお腹いっぱいだったから、手羽先1個しか食べれませんでした。
あとはずーっと柚子酒飲んでました。

18歳でうちの会社の研修生になった時から知っているタケ。
気付けばもう25歳・・・大人になったなぁってしみじみ。
ってか、可愛い系かと思っていたら、いつの間にか肉食男子になっていてびっくり。
名古屋で結構派手に遊んでいるらしい・・・
えーっ、私の可愛いタケは一体どこへ!!って少しショックを受けつつ1時半頃まで宴。

翌日も飲み続き・・・
by ruki_fevrier | 2011-12-08 23:24 | | Trackback | Comments(6)
Devata
d0165723_09994.jpg


先日のおデート、お互い行ったことがあるカンボジア話で盛り上がりました。
私が、「何が一番だったってDevataよ!」と言ったことから、この記事のアップに。
ブースカさん、今日の画像は全て貴方に捧げます。
いつか一緒にカンボジアツアーはいかが?


Devata(デヴァター)とは、カンボジアの遺跡を彩る女神像のことです。
アンコール・ワットだけで2000体が彫られていると言われています。
2003年3月に行った際、私はすっかりデヴァターに魅せられてしまい、一緒に行った友達を待たせて何度も怒られながらも写真を撮ってきました。
出来ることなら、もう一度アンコール遺跡群を訪れて、心行くまでデヴァターを眺めたいと思っています。
そんなDevataばかりのエントリーです。
(画像はデジカメとフィルム一眼が混在してます)

More
by ruki_fevrier | 2011-10-10 01:20 | | Trackback | Comments(6)
奈良旅 3
d0165723_13405845.jpg


まったり旅行記。最後は食べ物とお土産編。
といっても全然ご期待に沿えない思われます。すみません。

初日のランチは、もちいどの通りからちょっと路地を入ったところにある「インド音楽茶屋Ragamala」。
ベジタリアン・カレーの店だけど、茹で卵のカレーでした。
卵はいいんだっけ?
ナンではなく、チャパティとプーリーでいただきます。両方とも美味しかった~。
豆乳のスープ、クミンが効いててすごく美味しかった。(真ん中奥)
カレーはまぁ、普通に美味しい。トマトベースのあっさり味でした。

民家を使ったお店は、奥に坪庭があって、和とインドがうまく合わさった素敵な雰囲気でした。
型押し染のインドの布も沢山あって、とても良心的なお値段。
好みの柄が無かったのがとても残念。あったら絶対買いました。
通りを歩いていて偶然見つけたお店で、奈良でインド料理ってのもどうかと思ったけど、当たりのお店でした。


d0165723_13512387.jpg


ランチ後、ホテルを目指して歩いていたら「氷」の文字が。
そういえば赤福氷を食べそびれていたのだった・・・と思いだし、寄ってみることに。
奈良町の和菓子屋「樫舎(かしや)」の「樫舎の氷」。
めーちゃーくーちゃ美味しい!
純水氷に特製の抹茶を使った自家製抹茶蜜、丹波大納言を使った自家製つぶ餡に自家製白玉、そして極上寒天入り。
器は奈良漆器の樽井の合鹿椀。すんごいこだわってます。
最後にお椀に残った抹茶蜜が溶けた氷水もずずーっと飲み干しました。あぁ、満足。
同じくかき氷を食べたヒロでしたが、お隣の蒸し饅頭を見てすごーく食べたそうにしてました。
これも次回、食べようね。


 

More
by ruki_fevrier | 2011-09-11 14:24 | | Trackback | Comments(0)
奈良旅 2
d0165723_12174399.jpg


翌朝、6時半に起きて身支度を整え、春日大社へ早朝散歩に出発。
人もまばらな朝の奈良公園。
二の鳥居をくぐれば、本殿に続く南門はすぐそこ。


d0165723_12242124.jpg


苔むした石燈籠を眺めながら参道を歩きます。
日蔭はひんやりしていて気持ちいい。

More
by ruki_fevrier | 2011-09-11 13:04 | | Trackback | Comments(2)
奈良旅 1
d0165723_23281690.jpg


奈良を訪れたのは2年ぶり。
宿は念願の奈良ホテル。
行き先をどうしようかと迷っていて、ふと思いついたのが法隆寺でした。
久しぶりに、飛鳥仏に会いたいなぁと。

多分、最後に法隆寺に行ったのは、高校3年にひとりで行った卒業旅行。
実に20数年ぶりに見る、法隆寺中門。
梅原猛が「真ん中に柱があるのは、太子の怨念を封じるためだった」と書いて話題になった門です。
その本からインスピレーションを受けたのが山岸涼子の『日出処の天子』。
あれはかなりセンセーショナルな太子像だったなぁ。


d0165723_2339479.jpg


中門を守る奈良時代の金剛力士像。
結構いい顔してます。そしてすごい腹筋・・・

More
by ruki_fevrier | 2011-09-10 23:27 | | Trackback | Comments(2)
2 days trip to Karuizawa vol.2
d0165723_17435369.jpg


初日のランチは、六本辻近くの「スコルピオーネ」で。
軽井沢を訪れる時の楽しみのひとつに「食」があります。
美味しいお店がある、ということは、何度も訪れる理由のひとつになるなぁと思うのです。
「今度はあそこのあれを食べよう」と。

軽井沢は昔からお店の栄光盛衰の激しいところ。
そんな中、この店はしっかり生き残っています。もう30年も続いているのだそうです。
スタンダードなメニューが並ぶ正統派イタリアン」。
初めて訪れたのは、今から15年ほど前です。
何の予備知識も無く、直感だけで入った店が当たりだった時の喜びって大きいですよね。
いつ来ても、何を食べても美味しい店。ここは私にとってそういうお店です。

今回、初めて食べたモンブラン。
甘さが絶妙でした。「甘い」と感じる一歩手前。これならいくつでも食べれそうです。


d0165723_17551331.jpg


夜は色々考えて、「川上庵」へ。
ここでまったり飲むのも好きなんですよね~。
この日はぬる燗で。長野のお酒「澤の花」とAsapi先生一押しの「黒龍」。
どちらも美味しかったけど、特に「黒龍」は美味しかった!!
この日もちょっとお料理を頼みすぎたけど、最後のお蕎麦はしっかりいただきました。
大人の蕎麦屋遊び、止められません~。

お買い物は食べものばかり・・・
by ruki_fevrier | 2010-11-06 18:43 | | Trackback | Comments(2)
2 days trip to Karuizawa vol.1
d0165723_2254579.jpg


今週日曜日、数日前の天気予報は「暴風雨」。
雨粒が斜めに描かれた見たこともないマークが。
自他共に認める「晴れ女」の私ですが、さすがにこれは無理なんでは・・・と思いました。

が、しかし。今回ご一緒するこの方は、過去に台風をも退けたことのある最強晴れ女!

はい、晴れ女パワー、見事発揮されました。
日曜は夜まで雨に降られましたが、翌日は見事雨が上がり、雲場池の紅葉を見ることが出来たのです。(ま、日曜はどうせセミナーで遊べませんので、雨でも問題なし)
多分、一番の見ごろだったのだと思います。
とにかく、紅のグラデーションが美しい・・・


d0165723_2212134.jpg


紅だけじゃなく、黄金色も美しく目に眩しい!


d0165723_22125616.jpg


新緑の鮮やかな緑とは違う、秋の優しい緑。


d0165723_22134850.jpg


水際に向けて枝垂れるように枝を伸ばすもみじ。
池沿いを歩けば、こんなもみじのカーテンも!

子供の頃から何十回と訪れている軽井沢ですが、こんなに美しい紅葉の時期に訪れたのは初めてです。
あ~~~満足満足。そしてこの美しさ、癖になりそう。また来年も見に来たいなぁ。

雲場池の後は・・・
by ruki_fevrier | 2010-11-04 22:56 | | Trackback | Comments(8)
おまけの京都
d0165723_21255029.jpg


早朝6時の淀屋橋周辺の御堂筋。
まだ暗くてだーれも歩いてない。
一睡もしていないのでさすがにぐったり。こんなんじゃ京都行ってもしょうがないなぁと思いつつホテルに向かい、シャワーを浴びてベッドに倒れこむ。
そして4時間後。起きたら真っ青な空!なんて観光日和!

で、足は自然と京都に向かってました。
京都駅のカフェで朝ごはんを食べながらガイドブックを見つつプランを立てる。
仏像好きなので三十三間堂もいいなぁと思いつつ、あぁでもやっぱり庭を見に行こう、と龍安寺に行くことに決めました。
金閣寺行きのバスに乗り途中で降りて龍安寺まで歩くつもりでした。
が、しかし!寝不足でボーっとしてたら停留所を通り過ぎていて。(^^;
結局終点まで行ってしまったので、ついでに金閣寺も寄ることにしました。


d0165723_21414617.jpg


久しぶりの金閣寺。
天気がいいのでキラキラ度もアップ。
鏡湖池にも映りさらにキンキンキラキラ。


d0165723_21443683.jpg


この頂上の鳳凰は、金閣寺炎上の際、ちょうど取り外されていたので焼失を免れたのだそうです。
この金閣、舎利殿だったのだと初めて知りました。
なんて変わった舎利殿!最上階の3層目に仏舎利が安置されているそうです。

いざ、龍安寺へ!
by ruki_fevrier | 2010-10-24 22:14 | | Trackback | Comments(10)