タグ:朝ごはん ( 133 ) タグの人気記事
今年もGWは家族サービスDays
d0165723_23495672.jpg



今年もGW後半は弟一家が遊びに来たので、私は予定を入れずに家族サービス。
年に二度のご奉仕です。

2日目の朝ごはん。パンはハムチーズパンに初挑戦。
成形が面白い!こうやって作るとあの楕円パンになるんだ~と感動しました。
ふわふわのパン生地に薄いハムにコーンマヨを乗っけてチーズを散らす。
レンも気に入ったようでしっかり完食してました。
(相変わらず食に興味がない人なのでw)



d0165723_23495645.jpg



おやつには内田真美さんのレシピでプリンを用意。
このレシピはホント美味しいわ~
レン、誰よりも早く食べ終わり、お皿舐めてママに怒られてたwww
夢中になって食べる、という姿は滅多に見れないので、
伯母馬鹿としては嬉しい限り♪



d0165723_23582158.jpg



プリンを作るとどうしても卵白が余るので、またまたメレンゲ。
今回はLinda Lomelinoさんのレシピを参考に作りました。
Chocolate swirl meringues、ヌテラなしで。
これは美味しい~~~
また作っちゃおう♪





More
by ruki_fevrier | 2018-05-13 23:49 | | Trackback | Comments(0)
タケノコシーズン到来♪
d0165723_00050010.jpg



といっても、野菜のタケノコではなく、和菓子のタケノコ。
骨董通りにある菓匠菊家さんの季節の和菓子です。
中にはシナモンの餡。これが激うま!
女将さんによると、シナモンのものはなるべく用意しているようですが、
このタケノコの形がシナモン餡にぴったりな気がするのでこれが出てくる季節がとても待ち遠しい私です。



d0165723_00053864.jpg



桜の時期には花見団子。
出勤中、前を通ったら「花見団子」と書かれた紙を見かけ、素通りできず(笑)



d0165723_00050025.jpg



タケノコを買った日のお花。
紫蘭が飾られていました。
うちでは雑草のような扱いの紫蘭w
こんな風に生けるのは考えたことが無かったなぁ。
今度飾ろう。







More
by ruki_fevrier | 2018-04-23 23:58 | | Trackback | Comments(0)
今度はノロに
d0165723_22335609.jpg



気付いたら2月(汗)
先月25日にニューヨークに行きまして、1/31に帰国しました。
翌日出勤中から胃が痛くなり、会社に着くころには激痛。
あまりに苦しむ私を見て、スタッフが「帰って病院行ってください」と。
私も「もう無理」と思い早退。
歩くのも辛いので、渋谷駅まではタクシーで行き、湘南新宿ラインはグリーン車に乗車。
ホッとしたのもつかの間、モーレツな吐き気に襲われ、車内のトイレで盛大にリバース。
熱も上がってきて「あー、ノロかなぁ」と思い病院に行ったら、やはりノロと診断されました。

同じころ、ニューヨークの友も下痢と嘔吐に苦しんだと聞いて、
てっきり一緒に食べた最後の夕飯で感染したのかと思いきや、彼女はただの食あたり。
(発熱せず、一晩で元気になって、今頃はモロッコでタジン料理を食べまくっているらしい)
ということは、空港か機内でもらってしまったのでしょう。嗚呼。

木曜は水分のみ、金曜はお粥だけすすって一日中ベッドの中でした。
寝まくったお陰で時差ボケは一気に解消です。イエーイ。
って、全然嬉しくないっ。
おまけに木曜に出社時にブーツ脱ごうとしたらぎっくりに。orz
踏んだり蹴ったりな休み明けでした。
スタッフの「仕事は私たちに任せて休んでください!」というメールが心に染みました。
持つべきものは仕事が出来て心優しいスタッフだわ~

↑画像は成田着陸前の高度4000mの空で見た、窓についていた雪の結晶です。
旅の記録はまた後日。





More
by ruki_fevrier | 2018-02-04 22:51 | 日々 | Trackback | Comments(2)
三越英国展備忘録
d0165723_23234390.jpg



先月日本橋三越で開催された英国展、初めて行ってみました。
そこで買ったもの、食べたものの備忘録。

ロンドンの可愛いケーキのお店、PEGGY PORCHENのカップケーキ。
なかなかロンドンのお店に行けなくて、先に日本で食べると言う(笑)

イギリスのスイーツは大体激甘ですが、ここのは日本のよりちょっと?甘いくらい。
美味しく食べれる甘さです(笑)
4種類食べたけど、バノフィーカップケーキが一番好き。
次こそはあのラブリーなお店に行ってみたい~



d0165723_23232177.jpg



英国展は二部構成で、前半のフィッシュアンドチップスは六本木のマリン
持ち帰って食べたので本来の味ではないと思うけど、衣がサクサクで美味しかった。







More
by ruki_fevrier | 2017-10-10 23:26 | | Trackback | Comments(0)
ルバーブ狂想曲
d0165723_23361544.jpg


初めてルバーブを知ってから○十年。
まさか自分で育てる日がくるとは…!

なかなか手に入らないルバーブ。
でもイギリス菓子ではよく使います。
なので、買えないなら自分で育てよう!と今年の春、ルバーブを庭に植えました。
時間が無くてネットで注文したルバーブ苗は、赤い種類ではなかったのですが、
なかなか立派に育ったので少し収穫。
1年目はあまり収穫しない方がいいらしいので、様子を見ながら少しずつ収穫しました。



d0165723_23361500.jpg



まずはやっぱりジャムに。
でも赤くないとかなりお地味な感じに(笑)
というかあまり美味しそうに見えない…
すごく美味しいのに。



d0165723_23361541.jpg



イギリス菓子の定番、ルバーブクランブルもかなり地味めな仕上がりにw
でも甘酸っぱいルバーブにサクサクのクランブルは絶品!!
来年もたくさん収穫して食べるぞー!!
と思っていたのですが、、、

なんと、庭木を手入れしに来た植木屋さんに雑草と間違われ、
根こそぎ抜かれてしまったのです!
あんなに立派に育ってるのを抜くってどういうことかな!?(怒)





More
by ruki_fevrier | 2017-09-05 23:52 | | Trackback | Comments(2)
ウエールズのお菓子
d0165723_00302632.jpg



先月のとある日、ウエールズのお菓子を習ってきました。

イギリスがイングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドの連合王国だと分かっていても、
漠然と今は同じ国だからちょっとした「地方」くらいの差でしかないだろうとしか思っておらず。
ましてやウエールズって正直イメージが無くて、カーディフという街とアーサー王の物語
くらいしか知らなかったのですが。
ウエールズ語というのが存在し、しかも英語と全然違うというのをまりこ先生に教えていただき、
本当に国が違ったのね、と実感しました。
しかもウエールズ語、文字を見てもどう発音するのか想像も出来ないwww
子音ばっかり並んでいるんですもん!

今回習ったのは3種類。
パウンドケーキのようなバラブリス、
クッキーのようなスコーンのようなウエルッシュケーキ、
チーズにビールが入るというびっくりのウエルッシュレアビット。



d0165723_00302592.jpg



まず、バラブリスから。
「斑点のパン」を意味するバラブリス、斑点=ドライフルーツを一晩紅茶に漬けて、
卵と粉類とまぜるだけ。以上!という簡単さ。
卵は泡立てないし、バターなどの油脂も入れない。
これで本当にケーキになるの???という感じなのですが、、、


d0165723_00304113.jpg



このようにちゃんと焼きあがります~♪
↑これは焼き立ての画像。



d0165723_00304856.jpg



これを一晩おくとあら不思議。
ツヤツヤになるのです。
なんでこうなるのか、謎。
クリスマス・プディングの時にも思ったけど、「熟成」ってこういうことなのね。
日本は高温多湿なので常温だと「発酵」しちゃうけど、低湿なかの地では「熟成」という技が
生きるのね~
以前、ベニシアさんがクリスマス用のパウンドケーキを缶に入れて保存するのを見て
「えー!腐らないの!?」とびっくりしたけど、今では理解できる。
時が生み出すお菓子、すごいなぁ。

因みに、バラブリスにはイーストで作る方法とBPで作るのと2種類あり、
今回は後者を習いました。
前者は北部、後者は南部で作られているらしい。
なので、まさに「斑点のパン」であるバラブリスも存在するんですね~
それも一度食べてみたいな。






More
by ruki_fevrier | 2017-06-11 12:32 | | Trackback | Comments(0)
今年も…
d0165723_12173263.jpg



今年もGWに弟一家が遊びに来てくれました。
お正月以来なのでたった5ヶ月しか経っていないのに、
もう文字が書けるようになって、タブレットを使ったお勉強も始めていました!びっくり。




d0165723_12173157.jpg



今年も母と一緒に6人分の食事の仕度をしました。
ホント、慌ただしい~
作って食べて後片付け、で一日が終わる。(笑)

朝ごはん一日目は山食を焼きました。
もう大人と同じく1枚ペロッと食べる甥っ子。
ヨーグルトを減らしたくらいで後はほぼ大人と同じ量を食べていました。



d0165723_12173214.jpg



2日目はちぎりパンに。
コーンマヨとチョコチップ、クリチ&ブルーベリーの3種類。
甥っ子はもちろんチョコチップ。←彼の希望で作ったので。
すごい勢いで食べていました(笑)
あまり食事に興味が無いらしく、弟夫婦は食べさせるのに一苦労なのだそう。
「こんなに食事に集中しているのは滅多に無い」と驚いていました。
興味あるものには猪突猛進、無いものには全く無関心…
そしてちょーお喋り。
うーん、誰に似たんだか…

今回は一緒にババ抜きをしました。
ジョーカーが自分の手元を離れると「よっしゃー!」って
喜ぶからバレバレなんだよねw
ゲームが終わるごとに、習いたてのひらがなで一生懸命順位を書いていました。
なんでもいいから書きたいんだろうね~
次に会う時はどんなびっくりが待っているのかな。楽しみ♪






by ruki_fevrier | 2017-05-07 12:16 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ホットクロスバンズ
d0165723_00245598.jpg



イースターが近づくとよく目にするようになるホットクロスバンズ。
先日、表参道のパン屋さんの店先に焼き立てがちょうど並ぶのを見て、
「ああ、もうそんな季節なんだなぁ」と思ったのでした。

いつもならそのまま店に入って買うのですが、今年の私は違いました。(笑)
店に入ろうとして、「あ、でも自分で作ってみようかな」と思いとどまったのです。

で、先週土曜日、焼いてみました。人生初自家製ホットクロスバンズ!
基本はこちらのレシピを参考に、少し自分でアレンジしました。
スパイスは自分でブレンドしたもの。
ドライフルーツは、サルタナとクランベリー、自家製レモンピールをミックス。
また、レシピはアイシングでクロスを仕上げますが、私は水と小麦粉を練ったものを
絞り出して模様を付けました。



d0165723_00245542.jpg



ふんわり軽い食感のパンが出来上がりました~♪
安田先生のコラム通り、半分に切ってトーストし、バターをたっぷり塗っていただきました!
うまーい!!
硬いパンが苦手な両親も大喜び。
これ、また作ろう。







More
by ruki_fevrier | 2017-04-03 23:25 | | Trackback | Comments(2)
余宮隆さんのティーポットと大蔵達雄さんのお盆
d0165723_00411286.jpg


昨日まで開催されていた菜の花暮らしの道具店@伊勢丹、会期2日目に行って来ました。
今年のお目当てはこれ。
余宮隆さんのティーポット。
去年迷って買わなかったから、今年はもし残っていたら買おう、と。
そしたらまだありました~(≧∇≦)
2種類残っていて迷わずキュノアールにしました♪


d0165723_00411108.jpg



在庫が2つあり、このえくぼがある方を。



d0165723_00411006.jpg



結構大きいので、ティーカップでたっぷり2杯分は淹れられます。
このサイズはとても嬉しい。





More
by ruki_fevrier | 2017-03-15 23:39 | | Trackback | Comments(4)
バノフィーパイでおもてなし
d0165723_21545925.jpg



生クリームの消費期限が迫っており、簡単に作れるから、という理由で作ったトフィー。
トフィーはそんなに、、、と思っていたけど、これが思った以上に美味しい!
火を止めるタイミングが遅くて、結果ビターになったのが良かったみたい。
大量に出来たトフィーを消費するため、バノフィーパイを作成。

イギリスではとてもメジャーなお菓子らしい。
バナナとトフィーと生クリームで作られるパイ。
詳しくは、こちら



d0165723_21550031.jpg



ちょうど同級生のアユが娘を連れて遊びに来たので、
バノフィーパイとバーレイで英国風ティータイムに。

バナナとトフィー、そして生クリームが口の中でとろける~~~
ものすごーく美味しい。
これを発明したイギリス人、エライ!



d0165723_21545928.jpg



実はアユも娘のノノちゃんもあまり生クリームは好きではないらしい。
なのに!!
ノノちゃん、美味しいと言ってしっかり食べてくれました~
おばちゃん感激!!
ついでにアユも「これは美味しい」と言ってくれた。
生クリーム好きじゃない人も虜にするイギリス菓子。スバラシイ。









More
by ruki_fevrier | 2017-03-12 22:19 | | Trackback | Comments(2)